旦那が涙して喜ぶ誕生日サプライズ7選

誰にでも1年に1度やってくる誕生日。いくつになっても祝われたら嬉しいものですよね。皆さんは、サプライズは好きですか?サプライズを考えるのが好きな人は多いのですが、旦那さんにサプライズする人って、どれくらいいるでしょうか?

 

奥さんに対してもそうですが、恋人だった時にはお互いの誕生日が近づくと、今年はどんなプレゼントにしようか、どんな風に渡そうかと悩み、そんな時間も楽しんでいましたが、結婚して、相手の誕生日ももう何回目かになってくると、考え付くネタも尽きるし、正直ちょっと面倒に感じるものです。

 

しかし、せっかくの夫婦なのですから、お互いの記念日はできるだけ祝ってあげたいものです。今回はそんなあなたに、旦那様が最高に喜ぶ誕生日プレゼントをご紹介します。

サプライズを用意するのは大変?

毎回サプライズをするのは大変だし、サプライズ慣れしてしまってももはやサプライズではなくなるので、毎年はしなくてもいいかもしれませんが、何年かに1度は旦那さんにサプライズをやってみると、きっととっても喜んでくれるでしょう。

 

特に、「子供が産まれてから妻は子供ばっかりで、自分の事を大事にしてくれない」なんて感じている旦那さんにサプライズをしてみたら、涙を流して喜んじゃうかもしれません!そこで、少しでもサプライズを考える手助けになれば、と、誕生日サプライズのヒントを集めてみました。

プレゼントの王道、手紙!

王道ですが、手紙はもらうと嬉しいですよね。普段手紙なんて書くことも無いですし、やり取りは簡単にメールやラインで済ませてしまう方が多いと思います。旦那さんの字がどんな風だったか、思い出せない人もいるのでは?

 

手書きの字自体見る事が減っているからこそ、手書きの温かみが胸にジーンときます。

 

文章は長くなくていいです。一言二言でもいいので、普段なかなか口に出せない感謝の気持ちとかを書いてみてください。例えば、 「いつも家族のために頑張ってくれてありがとう。今年も誕生日を一緒に祝えてうれしいよ」 とか、「これからも一緒に歳をとっていこうね」とか、感謝の気持ちと、あなたといられてうれしいって事が伝わると良いと思います。

 

お子さんがいらっしゃる方は、お子さんからの手紙も添えるとさらにうれしいですね。まだ字が書けないお子さんは、ぐちゃぐちゃに描いたものに、ママがメッセージを代筆してあげて下さい奥さんと子供が、自分の事を想いながら書いてくれている情景が目に浮かんできっと感動するはずです。

 

渡し方も大事ですね。食事の後にさりげなく渡すのもいいですし、ポストに入れておいて「今日ポスト見てないからちょっと見てきてー」とか言ってみたり、いつも必ず開ける引き出しなどがあればその中に入れておいたり。デザートのお皿の下に隠しておくのもいいかもしれません。

欲しがっていたものをあげる

女子がプレゼントされて嬉しいものによく挙がるものですが、男性にも言えます。

 

何が欲しいか聞いて、それをあげるのは確実ですが、サプライズはゼロです。何が欲しいのか、は聞かずに、「これかっこいいなぁ~」とか、「これあったらいいなぁ~」とか、旦那さんが何気なく言っていたものをあげるということです。

 

貰うつもりはなかったのに、欲しいと思っていたものを妻が買ってきてくれたら、「こいつ、俺の事よく見てくれてる!」と感動してくれるはずです。

ホテルでサプライズ

結婚すると、ホテルってなかなか利用しなくなると思います。夫には内緒で、ホテルの部屋を予約しておき、夫の仕事が終わるころまでホテルの部屋をデコレーションしておきます。仕事が終わるころに、

 

「今日は○○ホテルに来てね!」 と連絡して呼び出せば、サプライズ感アップですね。ホテルのレストランディナーも素敵ですが、部屋に料理やケーキを持ち込んで、お部屋でお祝いするのも素敵ですよね。

1年分のアルバム

最近は、スマートフォンの性能もかなりのものになり、写真を撮るのもスマホで、って方多いんじゃないでしょうか。フォトブックもアプリで簡単に、安く注文できるようになりました。 なので、スマホに入っている写真を、前回の誕生日からの1年分をまとめてフォトブックにしてみるのもおすすめです。

 

一緒にそのアルバムをみて、こんなこともあったねー、と1年をふりかえって会話に花も咲きます。なにより、写真を選んでくれている過程が嬉しいですよね。

友人を呼んでサプライズ

よく、アメリカの映画とかであるようなやつです。夫と仲の良い友人に声をかけ、夫が仕事中に自宅かレストランに呼んでおきます。夫には、夫婦二人でお祝いするように見せかけておき、(例えば、「今日は家でゆっくりお祝いしようね。早く帰ってきてね」とか、「○○記念に行ったレストラン予約してあるから、〇時に待ち合わせね」とか言っておきましょう)後は、夫が来る前に集まってもらった友人たちに隠れてもらい、夫が登場したらなるべくナチュラルに「お疲れ様~」と迎え、「お誕生日、おめでとう」の言葉を合図に、「おめでとうー!!!」と一斉にみんなが登場するものです。

 

これは、友人達の予定を調整したり、レストランであれば、人数を把握した上で予約したりと手配に手間がかかりますが、成功すれば、大きなサプライズとなり、かなり喜んでくれるでしょう。ただ、多くの人の協力が必要なので、何か節目の歳に計画するのが良いと思います。

ガッカリさせてからのサプライズ

喜びを大きくするためにギャップを利用して、2段階のサプライズにします。まず最初に、「おめでとう!これ、プレゼント」と言って、的が外れたものをプレゼントします。(後で無駄にならないように自分が使えるものや、実用的なものがいいかも。

 

あんまりふざけすぎて本当に気分を害さないように注意) きっと相手は「ありがとう」といいながらも内心ちょっとがっかりしているはずです。そして、時間をおいて、本当のプレゼントを渡します。

 

渡し方は、外出している場合なら、家に帰った時に玄関に置いておく、とか、外出先で食事をした時にデザートと共に運んでもらう、など。家でお祝いする場合は、夫が必ず見つける場所に隠しておくとか、枕元に置いておく、など。

 

一回がっかりした分、余計に嬉しいはずです。

 

体調が悪いふりをして、「ごめんね、薬買ってきてくれるかな?」などとお遣いを頼み、買いに行ってもらっている間に急いでお祝いの用意をして、「今日はお祝い出来ないんだな。体調悪いんじゃ仕方ない」と若干がっかりしながらも薬を買って帰ってきた夫を、おもいっきり元気な顔で「おめでとう~!」と迎えます。心配させるので少し意地悪ですが、夫は安心すると共に喜んでくれると思いますよ。

いきなり旅行

これは、夫の誕生日が休みの時である必要がありますが、何年に1度かはタイミングがあると思います。プレゼントできる範囲で、夫が行ってみたいところへの旅行を計画します。可能なら日帰りでもいいかもしれません。

 

直前までなるべく自然にふるまい、簡単なプレゼントやメッセージカードと一緒に、ラッピングされたチケットをプレゼントします。開けてみたらチケットが入っていて、まず「えっ?」となったところで、「じゃあ、行くよ!」とあらかじめ用意しておいた荷物をもって即出発!旅行の規模が大きいほどサプライズ感は増しますが、かけられる予算と日数を考えて、計画的にやることが大事です。

 

相手が喜ぶ顔を思い浮かべましょう。

いかがでしょうか。7つの例を挙げましたが、サプライズ好きな方なら、こんなことされたいな~と思うことをやれば間違いないと思います。特に、旦那さんが女性的な方であれば、7番目のサプライズで、「今からハワイへ出発!」なんてことがあったら最高だなあ~と思います。まぁ、夢ですが・・(笑)

 

とにかく、サプライズされる方は、規模や金額よりも、相手の喜ぶ顔を想像しながら色々と考え準備してくれた事がなにより嬉しい事ですよね。そこにどれだけ気持ちがこもっているか、が1番大事でしょう。