愛してるの響きだけで…

「愛しているの響きだけで強くなれる気がしたよ」

これは、スピッツの「チェリー」という曲のサビの部分です。この歌詞は、今の20代後半から40代ぐらいまでの人々はなからず聞いたことがあるでしょう。それぐらい印象に残る素晴らしい歌詞ですが、そのインパクトの強い語感から、インターネット上ではいろいろなパロディが生まれていることも事実です。

 

この記事では、この「チェリー」の動画、歌詞をご紹介した上で、ネット上にあふれるこの言葉を使った大喜利(パロディ)などもご紹介していきます。

まずは、チェリーのPVを見てみよう

ちょうど、スピッツの公式PVがあったので、まずはこちらをご覧ください。

チェリーの歌詞

続いて、この歌の歌詞を見てみましょう。

チェリー 歌:スピッツ 作詞:草野正宗、作曲:草野正宗

君を忘れない 曲がりくねった道を行く

生まれたての太陽と 夢を渡る黄色い砂

二度と戻れない くすぐり合って転げた日

きっと想像した以上に 騒がしい未来が僕を待ってる

”愛してる”の響きだけで 強くなれる気がしたよ

ささやかな喜びを つぶれるほど抱きしめて

こぼれそうな思い 汚れた手で書き上げた

あの手紙はすぐにでも捨てて欲しいと言ったのに

少しだけ眠い 冷たい水でこじあけて

今 せかされるように 飛ばされるように 通り過ぎてく

”愛してる”の響きだけで 強くなれる気がしたよ

いつかまた この場所で 君とめぐり会いたい

どんなに歩いても たどりつけない 心の雪でぬれた頬

悪魔のふりして 切り裂いた歌を 春の風に舞う花びらに変えて

君を忘れない 曲がりくねった道を行く

きっと 想像した以上に 騒がしい未来が僕を待ってる

”愛してる”の響きだけで 強くなれる気がしたよ

ささやかな喜びを つぶれるほど抱きしめて

ズルしても真面目にも生きてゆける気がしたよ

いつかまた この場所で 君とめぐり会いたい

「愛してるの響きだけで…」のパロディ