【恋愛はタイミング】縁や押す・引くなどのポイント7選

「恋愛はタイミングだよ」なんていう他人行儀な言葉、誰でも1度は聞いたことがあると思います。でも、「恋愛はタイミング」って言われても、具体的に何をどうすればいいの?なんてこと、誰も答えてくれません。

 

今から恋愛を始める人のためのタイミング、恋を成就させるためのタイミング、恋を終わらせるためのタイミング色々なタイミングがあってしかるべきですし、その時期によってやるべきことや考え方なども変わってくるはずです。

 

恋愛では、たしかにタイミングが重要です。今回はそんな恋愛のタイミングについて、一つ一つ順番にに紹介していきましょう。これを読み終わる頃には、あなたは恋愛に大きな自信を得ているでしょう。

恋愛を始めるには縁が大事

恋愛がスタートするにはタイミングと「縁」とが重要だといいます。恋愛に発展するのであれば、「縁があったね」とか「恋愛に発展しないものであれば、縁がなかったんだね」と私たちは何かと「縁」という言葉を使います。

 

タイミングと縁は恋愛における車の両輪のようにお互い大切なものです。ご縁がなければ、タイミングを活かすこともできません。というわけで、まずは恋愛における「ご縁」の重要性を紹介してから「タイミング」の活かし方についてご説明していきましょう。

 

さて、ではそもそもこの縁とは一体何のことを指すのでしょうか。縁とはもともと仏教用語で「繋がり」のことを示していました。これは、今で言うネットワークのことです。

 

もっと現代風に言うと、FACEBOOKやツイッターなどのSNSをイメージすると良いでしょう。しかし、縁はSNS上の目に見える友達のことだけではありません。

 

直接の友達はもちろんのこと、「友達の友達」や「あったこともみたこともない同じグループの人」「同じ人をフォローしている人」など、何らかのつながりがある人は全て「縁」によってつながっていると表現できます。

 

まずは、「ご縁=出会い」から

「縁がある」といことはそのまま「繋がりがある」と言いかえることもできます。では、恋愛において「縁」が重要と言うのはどういうことでしょうか。縁があるというのは沢山のつながりがあるということです。つながりがあれば、その先には更に多くの可能性が広がります。

 

良い出会いを見つけるためにはまず、「良いご縁」を作り上げてかなければなりませんが、これはそれほど難しいことではありません。良いご縁を作るためには良いネットワークを作り上げればよいのです。

 

いい恋愛をスタートするためにはまずいい人と出会わなければいけません。そして、その「出会い」の始まりになるのが「縁」なのです。さらに、大変嬉しいことに、人間関係の「ご縁」はある程度自分でコントロールすることができます。

 

たとえば、さきほどのSNSで考えてみましょう。ある馬が好きな人がいたとして、「競馬」のSNSグループにはいるのと、「乗馬」のSNSグループにはいるのでは全く出会いの質が変わってきますよね。

 

おそらく、当人にとっては「競馬」も「乗馬」もどちらも変わらないのでしょうが、その後の競馬が好きな人が彼氏になるのか、乗馬が好きな人が彼氏になるのかでは人生が180度変わってきます。

 

更に、そのグループの中であなたが魅力を出していれば、あなたの周りに更に人が集まってきて、良いご縁(ネットワーク)が形成せれていくでしょう。

 

ご縁=ネットワークを大切に

恋愛関係には必ず「ご縁」があります。学校が同じであれば、「同じ学校」というネットワークですし、街で声をかけられたのであれば「同じ街にいた」というネットワークです。

 

反対に、結婚相談所や婚活サイトなどはこのような恋愛の「ご縁」を意図的に作り出したものだといえます。当然、そこにいる人達は「恋愛したい」というグループですので、スムーズに恋愛に進むわけですね。

 

今までは、あまり「ご縁」を意識していなかった方も、これからはどのような「ご縁」を作るかを意識することで、きっと素敵な人と出会えるようになるでしょう。このようにある程度「ご縁」(ネットワーク)の下地を作ることで、あなたに素敵な恋愛が訪れることになります。

 

恋愛で押すタイミングは?

では、実際に誰か素敵な人とご縁があったとして、その人を押すタイミングとは、どんなタイミングになるでしょうか。

 

恋愛は実に様々です。幼馴染だったのに、十数年後恋愛関係にになったり、あった初日に関係を持ったり、いつのまにやら親しくなったと思ったら、恋愛とは言えないお互いの欲求を満たすだけの関係だったり。

 

これらのケースは例外的なものとして、ここでは典型的な恋愛のケースを想定して相手のことを押すタイミングをひとつひとつ見ていきましょう。

 

相手を誘うタイミング

恋愛関係に発展するためには二人で合うことがとても大切です。二人で合うためにいちばん大切なのは「二人っきりで会う理由」です。この二人っきりであう理由は大きく2つに別れます。

 

二人だけしか共有できない、共有の趣味を見つけた時

これは、二人で合う際にはとても有効なタイミング。例えば、「今度○○のコンサートがあるから見に行こう」「○○のイベントがあるから行こう!」というようにお互いの趣味を楽しむためであれば、誘う口実ができます。

 

しかし、この趣味を理由に相手を誘う方法は少しだけリスクもあります。それは何かというと、「相手が友だちを連れてきてしまう可能性がある」ということです。せっかく二人で会える約束を取り付けたのに、友達が来てしまうのは残念ですね。

 

そんな心配がある時は「2つ以上の趣味をはしごする」のがおすすめです。

 

例えば「○○のコンサート」があるのであれば、コンサートの後に、美味しいイタリアンを食べに行くとか、ふたりとも動物好きであれば、コンサートの後に猫カフェに言ってみたりなど、2つ以上の趣味を組み合わせることで、他の友だちが参入してくる確率をぐっと下げることができます。

 

この方法は特に婚活サイトなどで有効です。婚活サイトでは、相手方も出会いを求めています。出会うための理由を与えることで相手もスムーズに合うことが出来るでしょう。

 

更に、最近の婚活サイトでは、お互いの興味がなければ、そもそもメッセージのやりとりができないようになっています。もしあなたがメッセージをやり取りできる状態であれば、あなたは相手からも興味を持たれているということ。

 

このタイミングを逃す手はありません、相手の趣味がわかったら、自信を持って押していきましょう。

あなたのことを知りたいと言われた時

共通の趣味から相手をデートに誘うのはこちらから「押す」タイミングですが、極稀に相手の方から「押してほしい」というサインが出る場合があります。それは「あなたのことを知りたい」という意味のメッセージが送られたときです。

 

具体的には「~~をしてる人と、一度話してみたいと思ったんです」言うメッセージや「~~さんの~~のお話もっと聞いてみたいです。」というメッセージなどがこのサインだといえます。

 

これは、明らかに相手がこちらに興味を持っている証拠です。

 

しかし、相手もそのまま直球で「あなたのことをもっと知りたい」と言ってくることはありません。ほとんどの場合が別の何かと合わせてあなたに興味を持っていることをPRしてきます。その時は、先程の「趣味の話」と合わせて相手をデートに誘ってみましょう。

相手が「~~のお話を聞いてみたい」と言っているのであれば、それを実現させるための言い訳を相手に用意してあげればいいのです。これを読んでいるのが男性のあなたであれば、このタイミングで押さない手はありません。

 

反対に、これを読んでいるあなたが女性の場合であればこの発言は男性に大きな期待を抱かせてしまうので、あまり気のない男性にこのフレーズを気軽に使うのは控えてあげましょう。

 

更に、婚活サイトであればまたこのようなメッセージが送られた後は、もちろん押しの一手を忘れてはいけません。興味を持ってくれて嬉しい、私もあなたのことをもっと知りたい、あってみたいという趣旨のメッセージを送ってみましょう。かなりの高確率で最初のデートにこぎつけることが出来るはずです。

 

始めのデートでは押すべきか?

続いて、初めてのデートが実現した時には、あなたはどの程度押すべきでしょうか?正直な所、どの程度押すべきかはその場の空気で決まるというのが最適な答えですが、相手と距離を縮めたいと思っているのであれば始めのデートはとても肝心です。

 

まず、あなたがその人との恋愛関係になれるだろうという見込みが立っているのであれば、初めてのデートでその意図を伝える必要があります。例えば、「こんな風に楽しいのがずっと続くといいよね。」「もっと楽しい思い出を作っていきたいよね」というように、自分の意図を伝えて相手の反応を見ます。

 

大切なのは「さらっ」と気持ちとを伝えることです。男女かかわらず、あなたに興味を持っている人であれば、これらのメッセージを伝えた後に空気が変わってくるはずです。

 

しかし、初めてのデートで恋愛関係になれるという自信がまだ持てないのであれば、初めてのデートで押しすぎるのは禁物です。まずは二人の楽しい思い出を作ることに注力しましょう。二人の楽しい思い出を作ることが恋愛の基礎を作り上げることになります。

 

初めてのデートで恋愛関係になれる自信がない人は、1回めのデートの目標を「2回めのデートの約束を取り付けること」だと考えておきましょう。

 

2回めのデートの約束を取り付けるためには、もちろん1回目のデートを楽しくしなければいけませんし、2回めのデートで何をやれば彼女が喜んでくれるかを常に考えておかなければなりません。

 

さて、更に婚活サイトで出会ったケースではまた少し事情が変わります。最近の婚活サイトでは残念ながら数多くの出会いが生まれています。確かにこういった婚活サイトを通して初めてのデートにこぎつけた人は魅力的な人間なのかもしれません。

 

しかし、相手の女性もそのサイトに登録しているということはあなたと同じように彼女にアプローチをしている人が今も沢山居るのです。

 

つまり、婚活サイトで恋愛を成就させるポイントは「押せるときに押せるだけ押す」ということです。最低でも、相手に対して「あなたのことを魅力的だと思っている」ということは伝えておくべきでしょう。

 

人によっては初めての出会いで関係を持つ人も居ます。悲しいですが、これも有効な手段と言わざるを得ません。あなたの相手の繋がりを守るためには婚活サイトでの活動では相手と早く深い関係にることが大切なのです。

2~3回めのデートは押すべきか?

さて、初めてのデートはもちろん相手を押すタイミングなのですが、更に大切なのは2~3回目のデートです。ここで恋愛関係になれなければ(少なくとも行為を持っているということを伝えなければ)あなたはしばらく相手の「お友達フォルダ」に入れられてしまうことでしょう。

 

では、具体的にどのように押していけばよいかをみていきましょう。すでに相手と恋愛関係になれると考えていた人は、まずはこの2~3回目のタイミングで一度告白しておくのが大切です。

 

なぜなら、もし本当に相手があなたの事を好きだった場合、2~3回のデートが終わってもあなたからのアプローチがない場合「私は恋愛対象じゃなくて、友達なんだ」と考えられてしまうからです。

 

場合によっては、せっかく熱くなっていたアタナに対する相手の想いが急に冷めてしまうこともありえます。反対に、もしあなたがこの2~3回目までのデートで相手への気持ちが冷めてしまったら、ここで恋愛をストップさせてしまうのも良いでしょう。

 

押し方は様々あると思いますが、ロマンチックな場所で告白をする。キスをする。どちらかのお部屋で時間を過ごす。など、明らかに恋愛関係を期待しているということを相手にPRすることが大切です。

 

自信のない人は、2~3回目のアプローチが勝負!

また、あまり自信のない方はこの2~3回目が勝負です。とは言え、まだ押すタイミングではありません。2~3回目までに、相手と楽しい思い出を作り、相手に「この人といると面白い、もっと一緒に居てもいいかも」と思ってもら得るかどうかが運命の分かれ道です。

 

人間とは面白いもので、イメージが決まる前に詰め込まれた情報によって、その後の関係が形作られます。初めてのデートで相手の好みを勉強して、それを2~3回目のデートに活かす。そうして、相手に良いイメージを持ってもらえたら、後はどんどん思い出を作っていくだけで、あなたの高感度もどんどん上がっていきます。

 

その後、相手の高感度が高まった後で、告白すればよいのです。焦ることはありません。3回目までのデートで「あなたと居ることが楽しい」と相手に思ってもらえれば、その後長期戦に持ち込むことができます。

 

2~3回目にはキス?

最後に婚活サイトで相手と知り合ったあなたは、この2~3回めまでに確実にキスまでは求めておいたほうが良いと思います。婚活サイトはもちろん、相手も恋人を求めているのです。あまりに奥手になりすぎると相手も他の人になびいてしまうでしょう。

 

ここで大切なのは「相手とキスをする」ということではありません。それは相手のいる話ですので、あなたの意思だけではキスできないかもしれません。しかし「キスを求める」ことはあなたの意思で十分に出来るはずです。

 

たしかに、勇気がでない人も居ることでしょう。しかし、こう言ってはよくないかもしれませんが、婚活サイトで誰かと会えたあなたは、同じサイトでまた別のチャンスを掴むことが出来るはずです。

 

ダメ元で、相手との距離を縮めてみましょう。何度か挑戦するうちに、異性と関係を深めていくことにも慣れていくはずです。こういった失敗を繰り返していけば、そのうち、堂々と相手と相手と仲良く慣れる自分が居ることに気づくでしょう。

二人で一緒にいるのが普通と思えるようになった時

さて、3回めのデートを超えるとその後しばらく恋愛のタイミングはなくなってしまいます。なぜなら、3回目のデートを超えると「お友達から関係を深める」という王道の恋愛になってしまうからです。

 

次にの恋愛のタイミングは「二人で一緒にいるのが普通と思えるようになった時」です。これは「二人で一緒にいるのが普通だよね」となった時、二人は強い絆で結ばれています。

 

そして、いつの間にかお互いが大切でかけがえのない存在になっていることに気づくでしょう。お互いに相手のことを大切だと思えたタイミング。その時こそ、本当に気持ちを伝えるべきときです。

 

このタイミングになったら、あまり怖がることはありません。「二人で一緒にいるのが普通」ですので、そのまま「ずっと一緒にいようよ」「君のことをもっと大切にしたい」という正直な気持ちを伝えれば、相手も特に断ることはないでしょう。

 

恋愛で押すタイミング 応用編

今までは恋愛で「押す」タイミングを時系列で見てきました。しかし、実際の恋愛ではこれらのタイミングの他に偶然チャンスが巡ってくることがあります。ここでは、そんなごくまれに訪れる「押す」タイミングをご紹介しましょう。

基本的に相手が弱った時が押すタイミング!

恋愛において「押す」タイミング。それは、間違いなく「相手が弱った時」であるといえます。これは男女ともの同じです。相手が「弱った時」と言うのは、簡単に言うと「心の支えが必要な時」です。

 

さて、では、「心の支えが必要な時」とは、具体的にどのようなときを示すのでしょうか。それは相手に「人生の転機が訪れた時」と言えるでしょう。具体的には次のようなタイミングです。

  • 受験に失敗した時、
  • 入学をした時、
  • 会社に入りたての時、
  • 恋人と別れた時

こんな時、人は心がとても弱ってしまいます。

 

人生に戸惑いを感じてしまうこのタイミングに女性であれば頼れる男性を、男性であれば、癒やしを与えてくれるような女性を心から求めてしまうものなのです。相手が心の支えを求めているのであれば、あなたがその支えになってあげればよいのです。

 

そして、パートナーと一緒に困難を乗り越えることで、絆をより深いものにしてかけがえのない恋愛関係を築き上げていきましょう。

恋愛で引くタイミング

さて、今までは相手を「押す」タイミングをみてきましたが、恋愛を成就させるには「引く」タイミングも意識したほうが良いでしょう。では、なぜ恋愛には「引く」タイミングが必要なのでしょうか。それには大きく3つの理由があります。

 

①あえて「引く」ことで自分の価値をあげる

さて、はじめから厳しいことを言うようですが、人間誰しも可能であればいい人とおつきあいをしたいものです。一目惚れや、恋の魔法ということもありますが、なかなかそういったものと巡り合うのは難しいもの。

 

本音ベースでお話すると、私たちはやはり相手のことを「見て(評価して)」いるといえるでしょう。先程は、恋愛の各段階で「押していくこと」がどれだけ大切かということを紹介しましたが。

 

正直あまり押されてしまうと人は潜在的に「この人、こんなにわたしのことを熱心に口説くなんて、私以外には相手されないのではないか」「この人、実は私より”下”なのではないか」と考えてしまうのです。

人は、自分より素敵な人と付き合いたい

人はもしも奇跡が起こるのであれば、本来なら自分のことを目にもかけないような王子様、お姫様から口説かれたいものです。しかし、そんな王子様お姫様はいろんな恋愛を経験して居るはずですから、自分のことなど気にしてくれるはずがないのです。

 

簡単に言うと「私を口説く以外に、やることなのか!?」と思ってしまうのです。反対に理想の王子様お姫様であれば、必ずこちらが不適切な対応をすれば、必ず「引き」があることを私たちは本能的に知っているのです。

 

では、以上を踏まえて、私達が「引く」タイミングとはどんな時になるでしょうか。

 

それは、端的にいうと、「誘いを断られた時」と「約束を破られた時」です。相手が誘いを断ったときや約束を破ったとき、サッと身を引くのがポイントです。誘いを断ったことや、約束を破ったことをネチネチと追求したり、「なんとかならないの?」と押すことは厳禁です。

 

「あなたとの約束は楽しみにしていたけど、私は私で楽しむことが出来るから」と相手に認識させることで、あなたの価値は上がります。

②相手に考えるタイミングを与える

続いて引くタイミングは、相手に「わたしの価値を考えさせる時」であるといえるでしょう。いつも押してばかりでは、正直相手も息が詰まってしまいます。そして、あなたが相手を喜ばせていることが相手にとって「当たり前」になってしまうことだってあります。

 

よく、「毎日●時のメールを2週間続けて、ある日ぱたっとやめてみる」というような恋愛テクニックが言われていますが、これも「相手にわたしのことを考えてもらうきっかけを作る」事になります。

 

このようなきっかけをたまに差し込んでいくことで相手に「私はいつも大切にされているのだな」「あんなにわたしのことを大切にしてくれるのは、あの人だけだな」と知ってもらうことができます。

③自分が冷静になるため

最後に、ご紹介するのはあえて「引く」というよりも口説いている側が「冷静になる」ことが大切だということです。

 

相手のことで頭がいっぱいな時、人はドン引きしてしまうような事をしてしまいがちです。毎日花束を贈られたり、何度も何度も電話をしてしまったりなど、知らず知らずのうちに「行き過ぎた」事をしてしまうものです。

 

この場合、恋愛で「引くタイミング」と言うのは自分自身を冷静にさせ、相手のことを改めて考えるために必要なのです。

 

たしかに、燃え上がるままに行動して、恋愛を成就させる人も世の中にはいます。しかし、正直な所、そんな人は極めて少数派ではないでしょうか。私達凡人は相手のことを考えながら、キチンと気持ちを伝えていくことが大切なのだと思います。

 

恋愛で「身を引く」タイミング

 

また、全ての恋愛が永遠というわけではありません。恋愛には「身を引くタイミング」も確かに存在します。続いて、恋愛で「身を引くタイミング」を見てみましょう。

相手が忙しい時

相手が忙しいときは、恋愛を進めるタイミングとはいいにくい手でしょう。一方、忙しいから事、息抜きとしての恋愛という考え方もあります。これは相手によりますので、相手の様子をよく見て判断しましょう。

相手にまだ好きな恋人が居る時。

相手にまだ好きな恋人がいるときは一時身を引くほうが良いでしょう。相手に好きな人が居るときに、アプローチをしてしまうと、相手の恋愛が燃え上がってしまったり、彼氏の中であなたの評価が落ちてしまうことだってありえます。

 

「一時身を引く」と言っても、永久にアプローチを辞めるわけではありません。しっかりと彼との関係を育みながら、いずれ彼の考え方が変わったときにアプローチが出来るような用意をしておきましょう。

 

依存が大きくなってしまった時

恋愛に依存はつきものです。しかし、依存してしまうことでお互いが苦しくなってしまうこともよくあるものです。依存にハマってしまった時にはもう一度、お高いの関係を見直して、出来ることならその恋愛から身を引きましょう。

 

次の恋愛を終わった後、もう一度その依存の愛を見つめ直すと「あぁ、あのときは燃え上がっていただ、このぐらいのことだったんだ」と冷静に見つめ直せる日が来るはずです。

 

例えば、暴力を振るわれる、買い物やお酒に対する依存症があるのに、それを救ってあげないとと考えてしまう。そういった兆候は依存のサインです。厳しいとは思いますが、早めに身を引いたほうがいいでしょう。

どちらかがドン引きした時

ドン引きと言っても様々ですが、「百年の恋も冷める」というようなことは確かに起こるものです。育ってきた環境が違うのですし、付き合いが長くなればお互い見せてなかったところを見せることもあれば、見たくもないものを見つけてしまうことだってあります。

 

例えば、洗ったはずの食器がぬめぬめしていたりとか、数日間同じ下着をつけていても平気だとか、借金で首が回らない。などなど、ドン引きの要素は意外とたくさんあるものです。そして、恋愛とはとても厄介なもので、冷めてしまった恋はもとに戻ることはありません。

 

割れたお皿がもとに戻らないのと同じです。

 

今までは「愛してるよ」なんて言われて嬉しがっていたものも、ドン引きした後では気持ちが悪い!と拒絶してしまうようになるのです。そう、関係が壊れたあとは、身を引いて、新しい恋を探すようにしましょう。