彼氏がキスマーク をつける本当の意味5選

 

ごくたまに女性の首筋にキスマークが付いているのを発見すると、どんな貞淑な女性であろうともの凄くエロく見えてしまうのはなぜだろう。おそらく、瞬時に淫らな行為を想像してしまうからではないだろうか。ちょっと腫れぼったく1〜2センチほどの細長い楕円形のマークが、こんなにエロいものだと思ったのはいつころだろうか。

 

征服欲の印。キスマークを付けることが男の勲章的な意味合い。言うなれば、マーキングと同じか。狩猟民族の男性にとって女性は狩りをする獲物と同じ。だから、自分で狩った女に対してマークを付ける。俺の持ち物だ、という印がキスマーク。ご苦労様ですって感じ。

 

恥じずかしめを浴びせるためにキスマークを付けまくる。どんな変態女でも普段日中に働いているのなら、首筋にキスマークを無数に付けられるのは相当嫌なもの。見る人が見れば一発でわかる。だからこそ、キスマークを付けて羞恥心を煽らせる。いわばプレイであり、SとMの主従関係でもある。勝手にドンドンつけてやってください。サービス業であるならまずクビになります。

 

あまりに感じやすいから。ちょっと吸っただけじゃ簡単には付かないのがキスマーク。その吸い付き方で感じる女性もいる。「あ、ああぁ〜」と快感を得るような気分になったら、もうおしまい。キスマークを付けられているとわかっても「ダメ」とは言えない。もう虜です。

 

ウェット&メッシー効果。基本的な概念として「汚す(メッシー)」と「濡らす(ウェット)」であり、この2つを合致する目的やシチュエーションを総じて「ウェット&メッシー」と呼ばれるのは知っていましたか。全身に金粉をはりつけるのもそうであり、ひとつのフェティシズムの一種でもあります。だからキスマークを付けまくることが“汚す”意味合いに思え、どんどん付けまくる。性的趣向と同じだから、止められません。観念してください。

 

前戯を頑張ることへの義務感。前戯関係なしにただ挿入したい輩はこの世の中、ごまんといる。でも、女性はそれを許してくれない。デリヘルだってきちんと前議すると喜ぶんだから、ムーディーにスマートにされることがどれだけ女性は好きなんだって話し。だから、かったるいと思っている前戯をうまくごまかすためにしっかり愛撫していますよ的にキスマークを付ける。キスマークを付けられることが嫌な女のコは「ダメダメ」と拒否しながら悶え、キスマークされていることで快感と思える女のコにとって、しっかり愛されていると感じる。まあ、てっとりばやい、前戯処理的なことです。