彼氏欲しい時のおまじない7選。ちょっと寂しい時にも効果テキ面!

「恋がしたーい!」と大声で叫ぶバカなんていないいない。いるわけない。そんなのはドラマやCMだけの世界だけ。でも心の中では思い切り叫びたい衝動に駆られるときってどこかあるようでないような……。とにかく、結婚には適齢期というものがあるらしいけど、恋愛はいくつになってもしたいものです。

 

出会いがない出会いがないと愚痴をこぼし、誰か紹介してと頼んでも既婚を隠しているような下衆な男しか紹介しやがらないし、合コンに行ってもオタッキーな集まり、ここはゲームかアニメのフェスですか? とつい大声を張りたくなる。

 

そんな日常に嫌下がさしてついつい酒の量も増えてしまうのって……うわーーってなる気分! でもわかります。寂しさってふいに訪れるものだから。「心の隙間お埋めします」笑うセールスマンじゃないけど、誰かに心を満たしてほしい、潤してほしい、と思うのは自然の摂理なんです。そんな寂しいときや彼氏が欲しいというときのおまじないを教えます。

 

好きなマンガを思い切り読む

大人になればなるほど、毎日が忙殺されます。漫画なんか読む暇ないよ〜と思いながら、酒だけはしっかり飲んでいませんか。どうせ酒飲んでいるくらいなら、好きな漫画を思い切り読むのもいい。小説と違って、描写があるぶんだけ感情移入しやすく、映画と違って自分のペースで読めるため、セルフコントロールができるという。

 

食欲を満たす

太ることに抵抗があってどこか自分に節制してませんか。人間の3大三欲求のひとつである食欲。ときには大いに満たすことも大事なんです。美味しそうなケーキや御菓子があるのなら、迷わず食べちゃいましょう。食べることで幸せになるのはなら、それは満たされるからです。ひとつが満たされれば他の欲求も自然と満たされるものです。ただ間違ってもヤケ食いはいけませんから。

 

小指を軽くたてる

Tタイムのときとかにカップを持つとき、何気なく小指を軽く立てる。運命の赤い糸は小指と小指で結ばれているとおいのから、その小指を大事そうにしてみる。くだらないことだと思うけれども、自分の身体の一部が何か特別なんだという意識こそが精神を安定させるものです。特別であると思う深層心理がひらめきやきらめきを生みます。平凡なんかじゃない、選ばれた人なんです。そう思うことが大切なんです。

 

背筋を伸ばす

歩いているときに背筋をピンとすることも大事です。人は何か気に病んでいることがあると俯きがちになるけど、そういうのは他人から見ても暗く見えるし、何よりもネガティブな印象を受ける。運を引き寄せるにはまず明るくポジティブでいることが一番より良いことなんです。ピンと張ることで見えなかったものが見えるようになったりして、新しい発見があるかもしれない。

「あれ? こんな景色だったっけ?」いつも歩いている道でも目線によって見える景色が違ってくる。そうすることで日常に変化が出て、空気の流れがよくなるのです。

 

黄信号でストップ

信号が点滅しているときには渡らない。急いでいるのはわかるけど、青信号が点滅してドキドキ渡たって不安感が募って危険に遭う確率が増えるだけ。それよりもどっしり構えて待っていたほうが冷静になれるし、心も落ち着いているもの。「赤信号、みんなで渡れば怖くない」往年のビートたけしのギャグですが、みんなで渡ったって怖いものは怖い。ひとりで安全にいるほうがどれだけ安心できるか、です。安心は、イコール安らぎであり、そこから育みも生まれます。

 

フッと連絡してみる

「最近会ってないけど、どうしているかな〜」「あ、約束破ったまま音信不通だけど、何してるんだろ?」そんな友だちや不義理にしている人ってひとりやふたりいませんか。どこか心残りなっている人やなんか会いたいなと思う旧友がいたら、とにかく連絡する。自分の意志で他人と会うことは自己肯定感にも繋がり、引いては運も引き寄せます。

 

この世に生を受けたのは間違いないなく両親からです。だからこそ、普段話していない両親と連絡をとることを進めます。生まれてから一番あなたを見ているのは両親に、なんでもいいから話してみましょう。別に相談なんか持ちかけなくてもいんです。たわいもないことを3分でもいから話すんです。喧嘩していたら別ですが、親と話してみて心底嫌になることはまずありません。

心底嫌にならない人、そして自分を愛情いっぱいに分かってくれる人と話すことで、知らず知らず心に余裕当与えてくれます。それが親からの情であり、愛なんです。