彼氏・彼女と別れ話しても、なんとか仲直り出来る方法5選 

付き合っていれば別れ話のひとつやふたつ出るのもご愛嬌。喧嘩の勢いでつい別れ話が出てしまい、別れる気はなくともそのまま別れてしまったケースは世の中ごまんとある。喧嘩の最中でついつい「別れようか……」と口にしてしまうと、言った当人は引っ込みがつかなくなり、受け手にしても喧嘩で気が立っているのでそのまま……っていう感じである。そういったときに簡単に仲直りできる業があると、有効に使えていいよね。完全に気持ちがすれ違っていればいいけど、売り言葉に買い言葉で別れてしまうほど切ないことはないもんね。

まず、別れ話を切り出して気まずい空気が流れていたら、屁をこく。なかなか難しいかもしれないけど、放屁すればまず笑う。それも臭ければなおいい。別れたくないんなら、屁を放つくらいやれ! バカどもが! 女性でいうと、放屁出来る女性はなかなかおらん。強いて上げれば森山中の大島くらいのものだから、女性には酷な要求だ。女性ができるといえばゲップもきっとダメだし、関節を鳴らす器用なことはできないし……。これは男性限定にします。

ビールを一気飲み。「ぷわー」とやって勢いついたところで、相手にも勧める。「ふざけんなよ」と逆に火を付けるかもしれないが、逆に言いたいことが言える。全部吐き出してしまって、自分の非を認めよう。こんなにうまくいかないかもしれないが、酒の力での勢いを利用するのだ。手打ちの酒ともいって、酒を飲んだからの罵詈雑言は酒のせいにしてしまえばいい。鬱憤が溜まるのはよくない。やはり、どこかで吐き出さないといけないよ。

顔を何度も何度も洗う。そうするとすっきりするし、モヤモヤが取れた気がする。そうした状態で目を閉じて「別れたくない、別れたくない、別れたくない」と3回唱える。自己暗示でかつ冷静な自分を取り戻せる。冷静にさえなれば、話し合いはちゃんとでき、別れ話もきちんと消滅できるもんだ。

好きな御菓子を一気喰いする。腹が減っては戦ができぬじゃないが、要は三大欲求のどれかを満たしてあげればよい。寝ることはできないし、セックスもできない。となれば、食を満たせば良いのだ。腹が一杯でも食べる。ゲップが出て気持ち悪くなれば別れ話どころじゃなく、一時休戦ともなる。とにかく意識を別のところへ向けるのがコツだ。

畳なら正座をする。椅子ならきちんとした姿勢で座る。人間、正装した形でいれば怒ることはできず、冷静になれる。別れ話もきちんと対処ができ、そこに人間の器が感じとれるもの。正しい姿勢で意見を聞き誠実に話せば、相手もきちんと受け入れて来る。そんなもんだよ、人間って!