彼女との上手い別れ方

彼女との関係が良好なときは幸せで楽しい毎日ですが、気持ちが冷めてしまったら正直付き合うのをやめて、彼女から距離を置きたいと考えるものです。

特に男性は女性とは趣味や価値観が違うことも多く、恋愛感情がなくなると付き合うことが煩わしく感じてしまうのが実情でしょう。

確かに一度は愛した相手ですが、何事にも終わりは来るもの。

今回はそんな別れを考えているあなたに向けて、彼女との上手な別れ方をご紹介します。

別れを意識する時

無意味なケンカを繰り返したり、一緒にいてもつまらないことが増えたりしてくると、いよいよ別れを意識するようになります。

残念ながら一旦心が離れてしまった場合は、関係を修復するのは大変です。

双方が同じ気持ちであれば、簡単に別れることは可能だといえます。

 

しかし別れを希望しているのが男性のみである場合は、どうしたらよいのでしょうか。

円満に事を進めるためには、女性に理解してもらった上でスムーズに別れる必要があります。

 

特に男女関係はトラブルに発展しやすいので、できるだけ注意深く、さまざまなポイントに気をつけながら別れなくてはいけません。

新しい出会いや将来のためにも、上手い別れ方をマスターしていきましょう。

会わずに告げる別れ方とは

まず、メールやチャットなどを使って別れを切り出す方法があります。

これは直接相手の顔を見なくても別れを告げることが可能です。

直接会って話をすると、彼女のペースに巻き込まれしまう可能性が高い人や、気まずい思いをしたくない人には向いている方法かもしれません。

 

また、言葉は話すよりも文字にする方が自分の気持ちをより上手に伝えることができる場合もあるでしょう。

会話の中で別れ話をすると、相手の反応次第で話が二転三転してしまう危険性もあります。

 

特に話の途中で彼女が泣き出してしまうような場合では、男性はその場をなんとかしようと取り繕ったり、優しい言葉をかけてしまって、結局別れることが叶わないということも十分考えられます。

そうした場面が容易に想像できるのであれば、メールやチャットで自分の気持ちを整理して、言葉に書き起こしてから相手に伝えるという方法がマッチしているといえます。

メールでの上手な別れ方を知りたい方はこちらもご覧ください。

【彼女との上手い別れ方】メールで別れを切り出す理由

付き合いが長いときは直接会って別れを告げよう

ただし、付き合いが長い彼女であれば、この方法は適していないでしょう。

特に結婚を意識したような真剣な交際だったのであれば、誠意ある別れ方をすることが求められます。

恋愛関係を築いてきたという自負のある女性は、メールやチャットだけで別れを告げられることに対して、納得ができなかったり、大きなショックを受けるはずです。

 

メールやチャットは、コミュニケーションツールとしてはとても便利ですが、簡単に送受信できてしまうため、言葉に込められた気持ちまでも軽く見られてしまいがちです。

長く信頼関係を結んできた相手であれば、メールやチャットよりも、手紙をしたためて送る方が気持ちは伝わりやすくなります。

もしくは、やはり直接会って別れ話をするといった誠意のある別れ方をするようにしたいものです。

直接彼女に別れを切り出す

では直接会って別れる方法では、どのようなシチュエーションが望ましいのでしょうか。

一般的には喫茶店やホテルのラウンジ、大きな公園など、周囲に人が居るような環境で別れ話をするのがベストです。

 

彼や彼女の部屋といった密室で二人きりだけで別れ話をすることはあまりおすすめできません。

 

なぜなら、周囲に誰もいないことで女性は感情的になりやすく、逆上してしまうようなケースがあるからです。

だからといって大勢の客で混雑している店舗などを選ぶのはNGです。

プライバシーを適度に守ることができ、落ち着いて話ができる空間を探すようにしましょう。

そして、なぜ別れたいのかをしっかりと語り、謝罪が必要な場合は、心から謝るようにします。

 

もし、明確な理由もなく、ただなんとなく別れたいというような場合では、相手はすんなりと別れ話を受け入れることが難しいはずです。

嘘も方便といいますが、明確な理由がない場合でも、できるだけ彼女が納得してくれるような理由を挙げることが上手い別れ方ともいえます。

多くの女性は、自分に気持ちがなくなったことを告げられたら彼のもとから去るものです。

残酷かもしれませんが、はっきりと言うことが優しさだと割り切りましょう。

 

別れ話は彼女の状況を把握してから

上手い別れ方をするためには、さまざまな配慮が重要になってきます。

別れを告げる場所、空間、時間帯はもちろん、タイミングも大切です。

例えば彼女が仕事の繁忙期であったり、プライベートで落ち込んでいるときなど、普段とは違うイレギュラーな状態であれば、別れを告げるタイミングとしては不適切です。

彼女にさらなるショックを与えてしまうだけではなく、別の問題を引き起こしたりして事態を悪化させてしまうことにもなりかねません。

 

そのため、相手がいまどのような状況や精神状態にあるかは事前にリサーチしておくべきです。

別れる相手とはいえ、一度は愛した女性です。

思いやりの気持ちを持って別れ話を上手にセッティングしていきましょう。

友達や家族の手を借りる

また、彼女と上手に別れたい場合は、信頼できる友人や家族の力を借りる方法も得策だといえます。

共通の知り合いにサポートをしてもらうことで、彼女も納得して別れられるケースがあるようです。

 

それは第三者を立てることで、冷静に自分たちの状況を客観視することができるからだといえます。

二人きりだと、どうしてもケンカになったり、話が堂々巡りになって前に進まないことがあります。

 

そこで同席してもらう第三者には、二人が別れる方がお互いのためにベストだという立場になってもらい、話を誘導してもらうというわけです。

信頼できる親友や先輩、家族など、お互いにとって近い人であれば、よりスムーズに彼女を説得することができるはずです。

 

メリットがないと思わせることも上手い方法

女性というのは、意外と打算的なタイプが多いものです。

この男性と付き合っていても良いことがないことを実感すると、気持ちを切り替えて新しい男性を見つけようとするケースも多々あります。

 

そのため、男性と一緒にいても将来性がないことや、ダメなところをアピールしていくのも上手い別れ方だといえます。

特に結婚を考えていたような交際であったら、彼女にとってマイナスだと思うところをどんどん見せていきましょう。

 

お金や女性関係にルーズなところがあれば、それを思い切って出していくのです。

失望させることができれば、彼女の方から別れ話を言ってくる可能性も高くなるはずです。

 

しかし、欠点をアピールしたり、どんな説得をしても彼女が別れを受け入れてくれない場合はどうすればよいでしょうか。

これは難しいようですが、実は意外と簡単な方法で解決できるかもしれません。

それは、彼女に嫌われることをすれば良いのです。

 

彼女が軽蔑するような言動をして、あえて嫌われる行為を重ねていきます。

身勝手な振舞いをすることによって、彼女の好きという思いを自然に嫌いという気持ちへ変えさせてあげるようにしましょう。

これは、二人のこれまでの楽しかった思い出も台無しになるリスクがありますが、あえて悪者になることでキッパリと別れることができる方法になります。

 

キレイに彼女と別れるためには

人は無意識に嫌われることを避ける生き物です。

別れるときは、なるべく自分が嫌われずに、さらにお互いが傷つかないスマートな方法を選びたいと誰もが願うことでしょう。

 

しかし、恋愛において両者が納得して綺麗に別れることは難しいケースがほとんどです。

そこで視点を変えて、あえてとことん自分が嫌われることによって、彼女が救われるという考えにシフトしてみるのもおすすめです。

勇気を出して、彼女から最低だと思われるような行動をしてみましょう。上手い別れ方を実践するためには、自分が犠牲になることで解決する場合もあるのです。

【まとめ】別れは新しい未来の始まりです。

ある調査によると、男性の約六割の人が別れたいのに彼女に言い出せなかったことがあるといいます。

実に半数以上の男性がなかなか別れを切り出せずに悩んだ経験があるようです。

 

さまざまな別れ方があることを知って、自分に合った方法を試してみましょう。

スッキリとした明るい未来を切り開いていけるはずです。