【彼女との上手い別れ方】メールで別れを切り出す理由

恋愛では、成就すれば結婚という道もありますが、多くのカップルは残念ながら別れを選んでそれぞれが別々の道をたどることになります。

 

早ければ小学生の間からお付き合いを始めるカップルもいますし、年老いて春を迎える男女もありますが、ほとんどのカップルは結ばれない運命にあるのです。

 

しかし、結果として結ばれなかったとしても、少なくとも一時は愛した相手。

 

せっかくなら、美しくその歴史に幕を下ろしたいものです。

今回はそんなときのために彼女との上手な別れ方をご紹介しましょう。

なるべく上手に別れましょう。

恋愛中は脳内ホルモンが活発になり、日常とは違うバラ色の世界を見ることができるでしょう。

ただし恋の終わりには注意が必要です。人によっては、地獄のように辛い日々となります。

 

彼女と別れを決めた人は、なるべく彼女を不幸にさせないように、上手にお別れしていきましょう。

メールを上手に駆使すれば、自分の気持ちを伝えることもできますし、彼女のショックをやわらげる効果も期待できます。

彼女と別れる理由

どんなに大好きだった彼女でも、さまざまな事情から別れを決意する瞬間が訪れてしまうものです。

彼女が他の男性と浮気をしていた、彼女が隠し事していたなど、相手にその理由がある場合もあります。

 

彼自身の方に他に好きな女性ができてしまったり、仕事や学業に専念するためといった理由も挙げられるでしょう。

十組あれば、十通りの別れ方があるものです。

別れるときには、会って直接話をするパターンが一般的です。

しかし会って別れ話をすると、多くのケースで上手く別れられなかったと感じるようです。

会って別れ話は難しい?

なぜなら、彼女が想像以上の反応を見せて話にならなかったり、納得してくれずにケンカになったりしてしまう事が多く、キチンと話し合いをすることができないのです。

 

また、売り言葉に買い言葉で、彼も不本意な言葉を言ってしまうことが多く、結果的に上手く自分の気持ちを伝えられないまま二人の関係が終わってしまう場合もあります。

 

キレイに別れることは難しいかもしれませんが、できるだけ後腐れなく、別れた後もお互いが良い思い出として、良好な関係でいられたらベストだといえるでしょう。

そのためには、まずは自分の気持ちを正直にすべて彼女に伝える必要があります。

自分の気持ちを全部伝えたい

別れる理由にもよりますが、まずは大前提として嘘のない素直な気持ちであれば、相手の心にも届くはずです。

そのためには、自分の気持ちをきちんと言葉にして、相手に伝えなくてはいけません。

直接会ったり、電話で話して伝える方法では、自分の気持ちを最後までしっかりと伝えることがどうしても難しくなります。

 

そこで、メールなどを使って文章化して送れば、偽りのない気持ちを全部書いてから、相手に知ってもらうことが可能になります。

メールで彼女とお別れをする

メールで彼女に別れを告げるメリットはたくさんあります。

メールであれば、何度も推敲してより自分の気持ちにフィットする言葉を選んで書くことができますし、どんなに長文でも問題なく送ることができます。

 

そして、なによりも相手の反応を気にしなくてもよい点が特長に挙げられます。

電話や会って別れ話をすると会話が最後まで進まないことが多々あります。

彼女が泣き出した姿を見たり聞いたりすると、別れの決意がグラついてしまう男性もいることでしょう。

 

メールであれば、そうした問題を避けることができます。

また、書いてからすぐに彼女に送ることができるので、スピーディーに気持ちを伝達することも可能です。

遠距離恋愛ではメールがおすすめ

特に遠距離恋愛をしているカップルであれば、メールでお別れを伝える方がよいかもしれません。

遠距離恋愛中に会って別れ話をするのは、正直費用もかかりますし、負担も大きくなるでしょう。

かといって、何も伝えずに自然消滅を期待するのも誠意がありません。

 

やはり、彼女にきちんとした形で別れを言うことが、彼女に対しての優しさになりますので、言葉で伝えるようにしたいものです。ただ、一方的に別れたいと思っている場合は、彼女は納得してくれないかもしれません。

メールでは終われないと彼女が言ってきた場合は、最後に会って話をすることも必要になります。まずは自分の思いを伝えるための手段として、メールを活用してみましょう。

 

彼女を傷つけない上手い別れ方

別れるときには、できるだけ彼女を傷つけたくないと思うものです。

男性は目の前で女性に泣かれると弱いはずです。

それ以上、何も言えなくなります。

 

そのため、別れ話もできなくなり、結局元の木阿弥状態になるのです。

女性の中にはそうした効果を知って、わざと泣いたりわめいたりするような女性もいます。

 

男女の駆け引きともいえることですが、彼女との付き合いが浅かったり、彼女自身が恋愛経験豊富であるようなケースであれば、男性の方が上手くコントロールされている可能性もあるでしょう。

 

長く彼女と付き合っていて、彼女の性格などを熟知している場合では、どのような別れ方をすれば彼女が承知してくれるか、見当はつきやすいといえます。

 

突然別れを切り出して去った方がいいのか、あえて何も言わずに自然消滅をした方がいいのか、彼女の恋愛観や性格によっても選択する方法は異なってくるはずです。

 

別れるときは誠意ある態度で

ただ、彼女のことを解っているつもりでも、間違っていたり、認識不足ということも考えられます。

彼女のためにも、謙虚な気持ちを持って、誠意ある態度で接することをおすすめします。

 

何も言わないで自然消滅という方法は男性にとっては、楽な方法かもしれません。

 

問題が表面化していないため、一見すると何の問題もないように見えます。

しかし、彼女はじっと耐えて待っているかもしれないのです。

男性は、彼女が傷ついているかどうかを見ようとしていないズルイ状態だともいえます。

 

メールで一言伝えるだけでも、彼女は思いを断ち切れて新しい人生を歩みだせるかもしれません。

お互いのためにも、やはり言葉にして伝えることが肝心です。

 

メールで別れを告げる文章例

では実際メールでは、どのような文章で別れを告げることができるのでしょうか。

例文としては、「○○(彼女)を恋愛対象として好きではなくなりました。別れたいです。」というような単刀直入な文章が用いられるようです。

人間性を否定するわけではなく、女性として好きではなくなったことを告げることで、彼女の人としての尊厳を保ちながら別れることが期待できます。

 

曖昧な表現を繰り返していても、結局何が言いたいのか伝わりませんし、かといって酷い言葉を並べてしまっては、相手はショックが増えるだけです。

 

自分の気持ちはキッパリと告げてから、「今までありがとうございました。」といった感謝の言葉を添えてお別れするようにしましょう。

もともと友人関係だった場合や、共通の友人が多い場合は、別れた後も顔を合わす可能性が高くなります。

社内恋愛であれば、これからも一緒に仕事をしていかなくてはいけないのです。

 

恋愛関係としての関係性が終わっても、また新しい関係性を築いていく必要がある場合には、「これからは一友人として、また違う立場になるけど、○○のことを応援していくよ。」といった前向きな言葉をプラスしてもよいかもしれません。

今後のためにも彼女と上手いお別れをしよう

上手な別れ方ができれば、彼女とは友達として今後も良い関係を続けていくことができるはずです。

反対に最悪な別れ方をしてしまった場合は、彼女がストーカーのようになったり、大きなトラブルに発展してしまうことも考えられます。

直接会って別れを言うような場合でも、事前にメールを上手く使って別れたい意思を匂わすことで、相手のダメージを最小限にとどめる効果もあるはずです。

 

二人の将来のためにも、できるだけスマートな別れ方ができるようにしていきたいものです。