旦那と喧嘩→無視でも 仲直りする7つの方法

旦那が無視する時って、どんな心境何でしょうか。

「無視」という行為は、された方にとっては長引くほど辛く、ある意味拒絶されている。

 

いないものとされているようなものですので、精神的にとてもキツイですよね。

長くいなければいけない夫婦関係なのに、こんなに辛い思いは続けられない・・・。

早く仲直りをしたいとは思うものの無視されてしまうとそれも難しいと感じてしまう人は多いのではないでしょうか。

 

今回はそんな喧嘩→無視状態の夫婦でも、仲直りが出来る方法をご紹介いたします。これを読めば、どんな喧嘩をした後でもきっと素敵なパートナーシップを取り戻すことが出来るでしょう。

 

旦那が無視するほど怒るのってどんな時?

妻が夫を無視する時は、次のようなケースが多いと言われています。

  • これ以上言ったら泣いてしまいそうだから
  • 頭にきすぎて言葉が出ない怒っていることのアピール
  • 今はこの人と本当に話したくない

続いて、旦那が妻を無視する時には

  • これ以上喧嘩が続くと手を出してしまうかもしれない
  • 口論では妻に勝てない、妻が落ち着くまで待っている
  • 話す気が失せた

等のケースが多いと言われています。

 

喧嘩をした際に男性と女性で決定的に違うのは、男性の場合は、感情的になってしまうと手が出やすくなるという点です。

男同士なら殴ってすむものの、相手が妻なら殴るわけにはいかないので、自制するため、冷静を保つために妻を無視する行為につながるという心理が働きます。

 

喧嘩中に急にしゃべらなくなったり、その場を離れた時には、この人は今キレる寸前かも、と思った方がいいかもしれません。

そんな時には「逃げるの!?」などと追い打ちをかけず、放っておいた方が身のためかも。

 

ただ、この場合の旦那側の無視(というかだんまり?)は短時間だと思うので、無視される状況が何日も続くならこの理由ではないか、キレる寸前まで怒らせた事へのアピールでしょう。

では、無視される状況が続いた時、どうしたらいいのでしょうか。

気が済むまで待つ

無視してくるなら、話すまで待とう、という事です。

ただ、こちらも無視をするという事ではなく、生活は普段通りに、食事の用意をし、洗濯や掃除をしながら、最低限の挨拶はこちらからします。

 

「おはよう」「おやすみ」「ご飯出来たよ」「いってらっしゃい」「おかえり」など。

余計な事は言わずに、返事がなくても言っていると(頭にきますが)、そのうちに相手も返事をするようになり、話をするきっかけになります。

 

ムカついてる相手でも、挨拶を無視し続けるのって心苦しいですよね。

“そこまで怒らせた事”に対して謝る

こっちが正しいと思っているのに謝るのは嫌ですよね。

なので、まずは喧嘩の理由についてはおいといて、あくまで“そこまで怒らせた”ことに対してなら謝れると思います。

 

たぶん、言い方がまずかったとか、あの話は余計だったとか、こちら側にも非の1つ2つは思い当たると思います。女性は喧嘩の時に過去の話ぶり返しがちですから・・

怒っているアピールが伝わり、それに対して謝罪があれば、無視する理由がなくなり、冷静に話ができるようになります。

 

その時に自分の思いを伝えれば、こちらも謝るとこは謝り、気持ちを伝えることもできるので、「相手が悪いのに謝ってこっちが悪いみたい!」というモヤモヤも残らないと思います。

好きなものを用意する

喧嘩した次の日の朝、無視されて旦那は出勤。帰宅しても無視されるのがイヤなら、旦那が好きなものを夕食に用意して、“おつかれさま。食べてね”などメモを置いておきましょう。

 

口に出してはかわいく言えなくても、メモだったらできるはず。

ごめんねと言わなくても、悪いと思っていることが伝わるので、無視を続ける気はなくなると思います。

 

また、妻が落ち着くまで待っている場合、そこで「話せる?」と聞いてみたら、今なら落ち着いて落ち着いて話せるかな、と思ってもらえるでしょう。

泣き落とし

ちょっと姑息ですが、意外と使う人がいるのがこの手です。

シクシクと泣き、無視されて辛いアピールです。

 

涙声で「無視はイヤだよ・・・」などと言えば、大体の男の人は負けちゃうんじゃないでしょうか。

涙は女の武器、といいますが、やっぱり涙には弱い男性が多いです。

 

後ろから抱き着いて言う、という方もいるようです。これは妻の事が心底嫌いでなければ許しちゃうんじゃないでしょうか。

でも、喧嘩のたびにやっていると「泣けばいいと思いやがって!」となり威力は弱くなりますので、あくまで最終兵器として乱用はやめましょう。

相手が無視ならこっちも無視!

こちらも無視するパターンです。

家にいても会話ゼロ。

息苦しい事この上ないですね。

 

どっちが耐えられなくなるか根競べです。

空気に耐え切れなくなった方が話し出すと思います。

でも、長引くほど切り出しにくくなりますので、ほどほどにした方がいいでしょう。

家事一切を放棄

これも強硬手段です。

相手が無視するならこちらにも考えがある!と言わんばかりに普段やっている家事を放棄します。

旦那にとっては食事もない、洗濯もされないのは辛いはずです。

 

無視するなら自分の事全部自分でやってよね。

ということです。困った旦那は「わかった、無視して悪かったよ」と言ってくるかもしれません。

 

旦那のタイプによって火に油を注ぐことになり、逆ギレれの無限ループに陥って最悪の結果を招く可能性もあるので、これは最後の最後の手段として考えてください。

第三者に助けてもらう

お子さんがいる夫婦ならこの方法使う方多いと思います。

一緒にいるのに、お父さんとお母さんが何にもおしゃべりしないのは、子供の目にとっても変に映ると思います。

 

険悪な空気を感じて、子供も窮屈な思いをするはずです。

子供の前でそんな空気を出すのはよくないので早くなんとかした方がいいですよね。

 

でも旦那が無視を決め込むなら、ちょっと子供の力を借りてみましょう。

「今日のご飯なにがいい~?お父さんは何がいいかなぁ?」とか、幼稚園や学校の行事の話などをして、「今度○○があるね~、お母さん楽しみだな。お父さんも行けるかな?」とか、子供が旦那に話を振ってくれそうな質問をします。

 

たぶん子供は「お父さんは何がいい?」とか「お父さんも来れる?」などと聞いてくれます。

 

子供の質問を無視することはないはずなので、子供に答えます。

その答えに今度は妻が「じゃあ夕飯は○○にするけど何時に帰ってこれる?」とか「その行事は〇時からだから〇時にでようね」などと付け加えると、流れで返事をしなければ変なので、無視続けられなくなります。

子はかすがい、と言いますが、子供のおかげで仲直りできるパターンは多いと思います。

 

子供がいなくても、第3者の力を借りることはできます。

友人や、親の前では無視し続けるのは難しいですから。

 

わざと人を家に呼んでみると、旦那も人を巻き込むことはしたくないと思いますので、かたくなに妻の言葉だけ無視するという事はしないはずです。

逆にそれでも無視するような旦那なら、大人として問題だと思います。

ただ、若干の気まずい空気と言うのは呼ばれた人も必ず感じとられると思うので、なるべく近く親しい関係の人が良いと思います。

先に謝ったほうが大人

いかがでしょうか。

喧嘩の仲直りには、大人になって先に謝るのが良いとかも言いますが、今回はこちらが折れて謝る、という選択は避けてみました。

 

もちろん、こっちが悪かったな~と思ったら意地を張らずに謝るべきだと思いますが、そうでない場合、心では悪いと思ってないのに謝るって難しいし、心から謝ってないと相手にも伝わってしまうと思うからです。

女優になって旦那をうまく掌で転がせられる人に憧れますが、(4番目はちょっと女優入ってますね。)私の場合顔や態度にどうしても出てしまってできないので、きっと女優になれないのは私だけじゃない、と思い、仲直りの方法7つ選んでみました。

 

誰にでも無視したくなるほど頭にくることはありますよね。

自分が無視する側の気持ちになってみると、頭に血が上っている時にはどの方法も効果は薄いかもしれません。

 

相手の怒りが落ち着いたころのタイミングを見計らうのもとっても大事な事です。

無視されて困った時に、共感できるものがあれば、お試しください。