別れ話をline(ライン)やメールでする時の注意点7つ

カップルの連絡手段として日常的に使用されているツールといえば、line(ライン)やメールがあるでしょう。待ち合わせのときはもちろん、「おはよう」から「おやすみ」まで、気軽に相手の状況を確認しあうことができます。

 

そんな便利なツールを活用して、別れ話をするカップルも急増しているようです。しかし使い方を間違えて失敗すると、後味の悪いお別れになってしまいます。そこで、ラインやメールでスムーズに別れ話を進めるために、知っておきたいポイントを解説していきます。

 

基本を押さえてラインやメールで別れ話をしよう

まず、ラインやメールの基本的な使い方ともいえることですが、肝心なポイントがあります。それは、送り先を間違えないことです。当たり前のことですが、基本に忠実な姿勢を忘れると、手痛い失敗を犯す場合があります。

 

仕事先のグループ宛や、仲間うちとのグループトークに、個人的なメッセージを間違えて送ってしまうことはよくあることです。特に別れたい相手もグループに入っている場合は間違えやすいといえるでしょう。

 

ラインやメールは基本的に一度送ってしまったら取り消すことはできません。しかし、最近ではメールによっては取り消し機能も登場しています。誤送信に気づいて、条件を満たせばメッセージを取り消すことが可能です。ただ、ラインにはまだそうした機能はありません。自分のトーク画面から削除はできますが、相手側のトーク履歴には残りますので、注意が必要となります。

 

別れ話は、個人的な話の中でもかなりプライバシー性が高いものになります。内容によっては、向こう側にも迷惑がかかり、恥ずかしい思いや気まずい思いを双方がしなくてはいけません。送る際には、いつも以上に慎重になって宛先を確認することが大切になります。

 

line(ライン)で別れ話をするなら本気度をアピール

相手と普段ラインを使ってやり取りしていれば、別れ話もそのままラインで行うことは自然です。ラインは、メールよりも簡単な操作性と即時性がありますし、多種多様なスタンプも利用できるため、さまざまな気持ちを表現できます。別れ話というと、深刻なシチュエーションになるケースがほとんどですが、ラインを使えばそうした場面を回避することも可能です。

 

二人の関係性にもよりますが、ラインであれば軽いタッチで別れ話をしていくこともできます。「友達に戻ろっか」というようなニュアンスの別れ方を望んでいる場合は、特にラインで日常会話の延長上で話を進めていく方法が適しているといえます。

 

ただし、スタンプのみとか、あまりにも短い言葉だけであれば、本気かどうかが伝わりにくいです。冗談と思われて流されるかもしれません。ある程度本気度を示せるような言葉やスタンプのチョイスが重要になってくるでしょう。

 

line(ライン)での別れ話は適切な言葉を選ぼう

リアルタイムで気持ちを伝えあうことができるラインでは、特に注意したいことがあります。それは勢いに乗って、思ってもいないことを書いたり、相手を傷つける失言をしてしまうことです。

 

ラインなどのチャットは、電話や直接会って話す会話に似ていますが、大きく異なる点としては、文章として言葉が履歴に残ってしまう点が挙げられます。話し言葉と書き言葉では、例え同じような意味合いでも、相手に与える印象は変わってくるものです。

 

会話の中では受け流せるような言葉でも、書き言葉になると、文字としての視覚情報がより印象深く入ってくるので、ダメージが強くなってしまうのです。

 

また、書き言葉になると、自分の思いとは違うニュアンスに伝わることがよくあります。それらは書き手側が説明不足だったり、受け取る側と言葉のイメージに相違があったり、さまざまな原因があります。

 

そうしたことがリアルタイムで行われていくので、コミュニケーションのズレが起こりやすく、また自分自身の中でも思いと表現が乖離していき、相手と決裂してしまう可能性が高くなるのです。

 

ラインを使えばスピーディーに言葉を伝えることができますが、一呼吸置いて、よく考えてから言葉を使うことが求められるでしょう。

 

メールを使って別れ話を切り出す

スマートフォンユーザーであれば、最近ではメールを使わなくなったと感じる人も多いかもしれません。ラインなどのチャットアプリが手軽なので、そちらをメインにしているユーザーが増えています。しかし、ガラケーユーザーや、PCメールをよく使用している人は今も大勢います。

 

そうした人にとっては、メールで別れ話をする方が、より自分の気持ちを相手に伝えられると感じているようです。ラインでは比較的文章は短く、会話に近いテンポのやり取りになることが一般的です。

 

それに対して、メールは手紙のような感覚で使用でき、長文になっても違和感がないツールになります。そのため、自分の思いや気持ちをしっかりと文章にして相手に届けたい場合は、メールで別れ話を送ることは適しているでしょう。

 

ただし、相手がメールをメインに使っていない場合は、送付しても気がつかないことが考えられます。ラインでは既読状況がわかりますが、メールではそうした機能は一般的ではないため、相手が読んだかどうかまではわからないことがほとんどです。送った後に相手に読んでもらったかは、別の方法で確認した方がよいといえます。

 

別れ話のメールの文章を考えるときに

メールで別れ話の文章を書いて相手に送るときには、できるだけ落ち着いた環境の中でゆっくり行うことがポイントになります。友人と遊んでいるときに片手間で書いて送ったり、お酒を飲んで酔っ払った勢いで書いて送ってしまうと、必ず後で後悔することになります。

 

不思議なもので、そういう状況で書いた文章には誠実さがなく、相手の心にも響かないものです。なるべく一人の時間に、相手と別れることについて真摯に向き合って、自分の気持ちを素直に言葉にするようにしましょう。

 

しかし、難しく考え出すとなかなか筆も進みません。そういうときは、まずは箇条書きにして、自分の気持ちを書き出してみると整理しやすいでしょう。自分の心境や、相手への思いなど、どんどん思いついたことを書いていくのです。それらを後でまとめると、文章化しやすいといえます。

 

また、こうした文章を書くときは、深夜はあまり向いていないかもしれません。深夜一人で文章を書いていると、気持ちが変なふうに盛り上がって、話の論点がズレてきてしまうケースがあります。夜中に書いた場合は、すぐには送らず、翌朝もう一度読み直してみることをおすすめします。

 

line(ライン)やメールの別れ話で誠意を示すには

ラインやメールでも、自分の誠実な気持ちを伝えることは可能です。ただし、伝える前には、何度も文章を読み返して推敲する姿勢が肝心です。誤解を与えるような表現はしていないか、自分の気持ちに嘘はないか、しっかりと確かめるように読み直していきましょう。

 

また、誤字脱字をチェックすることも忘れてはいけません。誤字脱字だらけの文章は、せっかく中身がよくても、読んでいるほうにとっては残念な気持ちになります。言葉は心であり、心というものは、文章の中身はもちろんですが、文字の使い方にも表れるものです。

 

時間をかけて丁寧に書いてくれたことが伝われば、相手の心証もよくなります。誤字脱字だらけの誠意がない文章であれば、いい加減な態度に映り、相手はうんざりしてしまうはずです。相手から嫌われて別れたいのであれば、あえてそうした効果を狙って適当な別れの言葉を送る方法もあります。

 

できるだけ綺麗に別れたいのであれば、心を込めた丁寧な文章を送るように気をつけるべきだといえます。

 

タイミングも重要

別れ話をするタイミングについてもしっかりと見極める必要性があります。相手は別れ話をラインやメールで一方的にされても、不服に思うものです。

 

別れの前兆があればスムーズに応じてくれるケースもありますが、ほとんどの場合は、納得できるまでに時間がかかります。そのため、ラインやメールで別れ話を切り出すときには、別れについての話し合いのラリーが続くことを想定しておきましょう。

 

双方にとって話し合いが十分できそうなタイミングを見計らって、別れ話をしていくようにしたいものです。

 

【まとめ】別れ話をするときに大切なこと

いかがでしたか?コツさえ押さえれば、便利なラインやメールを使って円満にお別れすることができそうですよね。彼女との恋愛をいい思い出にするためにも、大切になるポイントを守って上手にお別れしていきましょう。