別れ話の切り出し方 彼氏と彼女での違い7選

春は出会いと別れの季節。恋愛中の人でも新しい出会いの機会が多くて、自分自身がソワソワしたり、反対に相手の心変わりが心配になることも多いですよね。しかし春という季節は、現在の恋人と別れて、身も心も新しく生活を始めるには絶好のタイミングかもしれません。

 

話題の女芸人のフレーズではありませんが、世の中に異性は35億(と5000万)人いるのです。しかし、いざ別れようと思っても、なかなか勇気が出ないものですよね。そこで、今回は恋人と別れようか迷っている人に向けて最適なテーマをお送りします。

 

別れ話の切り出し方のパターンを学んでいくと、きっと参考になるはずです。それではさっそく男女別にさまざまな別れ方を考察していきましょう。

 

彼氏はなかなか別れ話を切り出さない!?

男性は、いつまでも彼女の一番でいたいと思う人が多いです。そのため、彼女から嫌われないように、なかなか自分から別れ話をしない傾向があります。行動を見ていれば、気持ちは冷めているのは明らかなのに、決定打を出したがらないのです。

 

なるべく縁を切らずに、ズルズルと関係を引き伸ばそうとします。場合によっては、男性は彼女といつまでも都合のいい関係でいたいと思っているのです。女性にとっては失礼な話ですが、男性はそういう性質があるものだと割り切る必要があります。

 

それに、できることなら彼女を傷つけたくないというジェントルマン精神もあるようです。キッパリと別れを言うよりも、察してくれ、そして、彼女の方から別れを告げてくれたらラッキー、というところが男性の本音でしょうか。

 

彼女から彼氏に別れを言わないと、いつまでも曖昧な関係が続いてしまう恐れがあることを、女性は肝に銘じておきたいところです。

 

彼女がする別れ話の切り出し方とは?

一方の女性は、そうした男性とは対極的で、ハッキリとイエスかノーか、白か黒かをつけたくなる傾向があるでしょう。女性は今の彼氏との関係に答えを出してからではないと、次の出会いに向けて動けない人が多いのです。

 

そのため、彼氏に別れたい気持ちをしっかりと伝えることがほとんどです。単刀直入に切り出して、例え彼氏から考え直すように泣きすがられるようなことがあっても、もう結論が出ているので翻ることはありません。

 

女性は一度決めたら、もう後ろは振り返らないのです。彼女の鉄のような決意に、彼氏は太刀打ちすることはほとんど不可能です。彼女は別れを告げる前に、いくつかの別れたいサインを出していたはずです。それに気づかず対応しなかった彼氏にも問題があります。別れ話をされた男性は、次の出会いに向けて反省する日々を送ることになるでしょう。

 

彼氏と彼女の別れ話の切り出し方~学生偏~

では、次にシチュエーション別の恋愛事情を探っていきましょう。まず、学生カップルの別れ話にはどのような特徴があるのでしょうか。学生といっても、最近では小、中学生あたりから交際を始める男女が多いです。

 

子供の恋愛といっても侮るなかれ、彼らは真剣に愛を育んでいます。もちろん大人の恋愛に比べて、責任のない立場同士での恋愛になるので、まだまだ本物の恋愛とはいえないかもしれません。そのため、別れ話を切り出すときも、自分で伝えるよりも共通の友人の力を借りて、相手に伝えてもらうことが多いようです。

 

同じ学校であれば、別れた後も顔を合わす必要があるので、できれば男女ともに揉めたくはないはずです。そこで、頼りになる友人にお願いして、別れをサポートしてもらうのです。友達に協力してもらうことで、また恋愛関係から一友人としての関係に戻ることもできます。これは学生であれば、男女ともに多い別れ話の切り出し方となるでしょう。

 

彼氏と彼女の別れ話の切り出し方~社会人偏~

社会人になると、もう少し恋愛関係も複雑化してきます。結婚もより具体的に見えてきますし、責任ある一個人としてさまざまな大人の恋愛を楽しむことができるでしょう。経済的にも学生時代と比べて余裕があり、一緒に旅行などに行く機会も増えます。同棲を始めるカップルも多いです。

 

同棲中は、結婚を視野に入れている場合もあれば、籍を入れる予定もなく、ズルズルと一緒に暮らして別れるタイミングを逃しているケースもあります。後者のカップルは、意外と多いのが現実といえます。同棲していると、生活を共にしているので、別れるためには相当のエネルギーが必要です。

 

引っ越しも必要ですし、お金の負担も出てきます。生活が一変することの恐怖もあるでしょう。そのため、別れ話のきっかけを掴めずに、ダラダラと同棲を解消できずにいるのです。しかしこのようなケースで突破口を開くのは、女性の方が多いかもしれません。女性は男性よりも現実を見ることに長けています。

 

いい加減この状態を続けていても、婚期を逃したり、自分に利がないことがわかれば、スッパリと部屋を出ていくことができます。新しい部屋を見つけて引っ越し予定を組んでから相手に告げることで、彼氏に対して多少の情があっても、新しい人生を歩み出せるでしょう。

 

ただ、お金のない相手であれば、急な引っ越しは負担になるはずです。そこらへんの事情も加味しながら、一番いいタイミングで彼女は彼氏に別れ話を切り出すことが必要になるといえます。

 

彼氏と彼女の別れ話の切り出し方~遠距離偏~

遠距離恋愛は難しいとよく聞きます。実際に遠距離恋愛は、信頼関係が強固でなければ、続けていくことは不可能に近いでしょう。いかに相手を信頼できるか、そして自分自身の気持ちが揺るがないか、あらゆる試練が立ちはだかります。

 

今はチャットやビデオ通話、メールなどさまざまな連絡手段があり、会う機会は少なくてもコミュニケーションを密にとることは可能です。しかし百回の電話よりも、たった一回の逢瀬の方が、二人にとってより大切に感じることが多いでしょう。

 

やはり直接会って触れられないという辛さは、とても苦しいものです。特に付き合いたてであれば、その苦しさに耐え切れず、別れを選んでしまうカップルもいます。また、会えないことで寂しさが募り、別に好きな人ができてしまうことも、遠距離恋愛では多いパターンとなります。

 

しかし遠距離では、別れの理由や告げる方法も、男女で差があるようです。遠距離恋愛中の男性が別れたいと思うのは、相手のことが好きではなくなったからで、そのまま連絡を絶って自然消滅することを期待します。

 

しかし、女性は違います。そういった連絡がない不安な状態に嫌気が差すのです。相手のことが嫌いというよりも、遠距離恋愛自体に耐え切れずに別れたいと思うので、ハッキリと別れを決めて告げるパターンが多いはずです。

 

彼氏と彼女で別れ話の切り出し方はこんなに違う!

 

いくつかシーン別に見てきましたが、男女で別れの切り出し方は異なってくるようですね。一般的に、男性は別れを避ける方向で、女性は別れをハッキリさせたいというケースが目立ちます。男性は優しく、夢見るタイプ、女性は厳しく、現実的といった様相が別れ方にも反映されているといえます。

 

他にも男性は、自分が悪いときには全面的に認めて謝罪しますが、女性は全部を認めず、部分的に認める傾向があるようです。例えば、浮気が原因で別れるケースは、男女ともにあるでしょう。男性の浮気が発覚した場合は、男性は100パーセント自分に非があることを認めますが、女性の浮気発覚時では、そうとは限りません。

 

彼氏がかまってくれないからなど、相手にも原因の一端があることを匂わすはずです。浮気したことは悪いけれど、私のせいだけではないと訴えるケースが多いというのです。そのため、別れ話に発展したときでも、彼女は自分に全面的に非があるとは認めないので、別れ話が進まないことがあります。男性にとっては少し不条理に感じるかもしれませんね。

 

ズバリ!彼氏と彼女の別れ話の切り出し方の王道とは

別れ話は、メールや電話、友達伝いなど、さまざまな方法を選べます。古式ゆかしく自筆で思いを手紙にしたためることもできるでしょう。しかし、やはりどんなシチュエーションでも、直接相手に会って告げるのが王道な別れ方です。直接別れ話をしてほしいと望むのは男女問わず最も多いといえます。それは、誠実さが一番伝わるからです。

 

そして、目の前で相手の様子を見れば、もう望みがないことも身体で理解できます。間接的に告げられると、別れたくない方にとっては、やり直せるんじゃないかと、どうしても期待してしまうものです。しかし、目の前でハッキリと気持ちを告げられれば、どれくらい可能性があるのかは一目瞭然です。相手のためにも、できる限り直接会って、別れ話を切り出していきましょう。