付き合う前のデートは、場所と服装で9割決まっちゃう!

「うわ、おしゃれ〜」「かわいい」と女のコは思いたい。期待するなって言われてもどこか期待するのが女のコ。ファーストインプレッションが大事というのがわかっていても、たいていの男子は疎かにしがち。自分の世界へ持ち込めばいい、会えるんだから大丈夫、とタカを括っているから自滅するんです。そう簡単に自分の世界へ持ち込めないから自滅するんです。

いくつかパターンを考える

所詮、モテないくんはどこまでいってもモテないくん。どの世界でも当てはめるが、準備をどれだけしてもしすぎることは決してない。初デートであればあるほど、相手のデータ収集をできるだけし、いろいろなパターンを思案する。服装は、今のモードに合わせなくてもいい。合わせられるくらいならとっくにモテているだろう。ブランドでなくともユニクロでもH&Mでいいから清潔感溢れる爽やかな上下。夏に向かうこれからの季節、白を基調にしたポロシャツとデニムに、スニーカーで十分だ。シンプルなポロシャツでもいいが、ここはワンポイントあるセンスのいいポロシャツを着たほうがより好印象を与えます。店に行ったら男性店員よりも女性店員に聞いて買うべし。

女性が思うかわいい服が一番いいんですから。とにかく清潔感を溢れさせることを念頭に入れて下さい。

ご飯の場所は大事!

そして勝負は、飯の場所だ。威勢のいい居酒屋しかしらない体育会のバカ、だから脳みそが筋肉でできていると言われるんです。二次元が大好きなオタク系の輩たち、マニアックとオシャレは違う種類なんですよ。無難なのは、イタリアン系。とにかく女のコはイタリアンが大好き。「欧米か!」ではなく「欧州化」に憧れているんです。パリ、ミラノ、世界のファッションブランド聖地へ一度は行きたがるのが女のコ。最近、「和食がいい!」と言います。どこの地域でも

美味しいお酒も押さえて!

イタリアン系の美味しい店はなんとか探せるものだが、和食となるといささか難しくなります。和食っていっても要は和テイストで日本酒を揃えた美味しい店ということです。欧州では日本のワインということで日本酒がブームになっております。泡盛文化独占であった沖縄にも、日本酒ブームが到来してるほど、日本全国の酒蔵が決起し、日本各地で日本酒ブームを起こそうとしています。そういった情報は女のコたちには敏感です。美味しいイタリアン系と和食の店を抑えておきましょう。そして、次はバーです。このバーの選び方も重要です。アダルトにいくか、ポップにいくかで方向性が変わります。もし、ひとつしかいいバーを知らなかったら、こう言います。

決め台詞はこれ

「いいバーがいくつかあるんだけど、オシャレなところ、ちょっと怪しいところ、ちょっと不思議なところ、どれがいい?」と尋ねるんです。3つの選択肢があるころで、女のコはワクワクドキドキします。このドキドキ感を与えるのがいいんです。

行くまでのプロセスにスパイスを与えることで、違った景色に見えるから不思議なんです。手持ちのコマが不足しているなら、たくさんあるように見せるだけでいいんですから。