モラハラ男の弱点7選 別れ方と別れた後に注意!

いま急増しているモラハラ男との恋愛トラブル。気をつけないと、あなたもいつの間にか被害者の一人になってしまうかもしれません。世間の女性たちを悩ましているモラハラ男にはどんな特徴があるのか、そしてモラハラ男の弱点とは何かを学んで、対策していきましょう。

あなたの彼氏は大丈夫?モラハラ男の正体とは

最近よく耳にするようになったモラハラですが、モラハラとはモラル・ハラスメントの略で、言葉や態度によって相手を支配しようとする行為です。

 

DV(ドスメティック・バイオレンス)が肉体的に苦痛を伴う暴力で相手を支配することに対して、モラハラは暴言や高圧的な態度で精神的な苦痛を与えて相手を支配しようとします。

 

こうした暴力によって女性を支配する男の特徴としては、男性側の性格という単純な問題ではなく、自己愛性人格障害などいろいろな原因が考えられますので、対処の仕方はより複雑になるといえます。

 

DV男は目に見える形で暴力を振るうので、本人も周囲も気がつきやすいですが、モラハラ男の場合は見えない暴力になるので、被害がわかりにくく対応が遅れてしまう可能性を指摘されています。そのため、まずはモラハラの実態にはどのような事柄が挙げられるのかを知ることが重要となります。

 

こんな行為がモラハラ男の特徴

例えば、飲食店に出かけたときに、従業員に威圧的な態度をとる男性ではありませんか?また、日常的に身近な人を差別したり、知り合いの悪口ばかり言っていませんか?モラハラ男は、彼女と付き合いたての頃は彼女にモラハラ行為をしないでいても、周囲の人間に対して既にモラハラ行為を行っている可能性が高いです。

 

モラハラ男の特徴としては、立場が弱い人には強い態度で接することがあるので、まずは彼と一緒にいるときに、彼が周囲の人間に対してどのような対応をしているか、チェックしてみることをおすすめします。

 

モラハラ男は、交際するまでは彼女に対しては優しく、モラハラ男の素振りを見せないことが多いです。むしろ外面が良く、体裁をつくるのが上手なので、気がつきにくいケースもあります。ほかには、モラハラ男は常に自分が正しいと思い込み、他人の意見に耳を傾けないといった特徴があります。

 

また、完璧主義者で、他人の失敗が許せずに攻撃する傾向もあります。交際して関係が深くなってくると、モラハラ男は次第に本性を現してくることになるでしょう。つまり、矛先が彼女に向けられてくるのです。

モラハラ男に弱点はあるのか?

自分の彼氏が、そんなモラハラ男だと気がついてしまったら、どうすれば良いのでしょうか。モラハラ被害は深刻化すると、女性にさまざまな影響を与えてしまいます。モラハラ男の支配から逃れられず、ストレスからうつ症状が出たり、パニック障害を引き起こす可能性もあります。

 

洗脳に近いような状態で巧みに支配されているケースでは、モラハラの被害に遭っていることも無自覚です。

 

彼と付き合ってから、彼の言うままに行動していないか、彼の望む通り友人関係や家族付き合いも避けるようになっていないかなど、交際前の自分自身と比べて大きな変化がないかを振り返ってみましょう。

 

無自覚にいろいろなことを我慢していないか、しっかりと自分の声を聞いてあげるようしたいものです。モラハラ男は、いつの間にか精神的に彼女を支配しているので、まずはモラハラ被害者であることを自覚して、自分の心を立て直してから、モラハラ男と決別していくようにしましょう。

 

別れるときには、周りにSOSを出してサポートを依頼することも有効です。モラハラ男はプライドが高く、強い立場の人には弱いので、彼女一人で向き合うよりも、専門家など味方をつけて話し合いに臨んだ方が、うまく話が進むと考えられます。

モラハラ男の意外な弱点とは

モラハラ男に受けてきた精神的な苦痛の数々をメモしたり、記録に残しておくこともよいでしょう。モラハラ男に反撃するときに、過去に言われたことの矛盾点をつくことで、相手を納得させられる場合があります。

 

客観的な事実を述べることで、モラハラ男に反論する余地を与えないようにするのです。また、記録があると、話し合いが決裂して、裁判になった場合にも証拠として役立ちます。モラハラ男がストーカー化してしまう場合もありますが、警察に相談するときにも証拠があった方が対応がスムーズになるといえます。

 

モラハラ男の特徴としては、自分を正当化するために平気で嘘をついたり、相手を貶めようとする傾向があります。そのため、確かな証拠を残しておくことは、とても大切になってくるのです。メールや音声データなど、できるだけ記録を残しておきましょう。

 

どう接するべき?モラハラ男の弱点を攻略する方法

モラハラ男には、毅然とした態度で臨むのが一番です。相手より弱い立場と認識されないようにすることがポイントになります。また、何か言われたときには、そのままオウム返しで返すようにするのも得策です。

 

何も言わずに鵜呑みにしていると、モラハラ男はますますつけ上がるでしょう。しかし、相手から反撃されると急に弱くなり、立場が逆転することもよくあるので、まずはモラハラ男に反撃してみることが効果的です。

 

オウム返しは、相手の言葉をそのまま返すので簡単ですし、特に相手が自己愛性人格障害だった場合に効果が高いといわれています。

モラハラ男との別れ方

さまざまな精神的苦痛を与えるモラハラ男とは、一刻も早く別れてしまった方がよいでしょう。しかし、ひどいモラハラ男にも関わらず、なかなか別れられない女性もいます。責任感が強く、我慢強い性格の女性であれば、よりそうした傾向があるといいます。

 

モラハラ男に罵倒されても、自分が悪いからと責任を相手に求めないためです。しかし、そんな状況が続くことは、自ら不幸を背負い込んでいるだけだともいえます。精神的に屈せず、相手と対等にいられる関係であることが、本来の姿であり、幸せな形だということに気づきましょう。

 

モラハラ男から開放されれば、本当の意味で自由になれるはずです。モラハラ男の言いなりになっている状態が長いと、反抗するのはとても勇気がいることかもしれません。

 

しかし、距離を作らないと永遠に支配下に置かれてしまいます。まずは、自分が悪いと思い込むのをやめて、モラハラ男から距離を取る方法を模索していくことが肝心です。

 

トラブルなくモラハラ男とサヨナラできる別れ方

モラハラ男と別れるときに、気をつけたいのが逆恨みをされないことです。相手のプライドをへし折った形で別れてしまうと、モラハラ男は逆襲に出ることがあります。

 

インターネットでの中傷や、ストーカー行為など犯罪事件にまで発展することもあるため、できるだけモラハラ男を傷付けないように配慮することも大切になります。

 

相手に非があっても、話し合いで解決しない場合は、自分が悪かったという風にして別れるようにするのが賢い方法です。相手を否定すると、逆効果になってなかなか別れられなくなる場合があります。

 

自分が下手に出て、かつ第三者に協力してもらうなどして、彼からフェードアウトしていきましょう。難しい場合は、物理的に会えない距離に引っ越してしまうのもよい方法です。

 

別れた後も要注意!再びモラハラ男の被害に遭わないために

トラブルが多いモラハラ男とは、できるだけ早く縁を切るのがベストです。長く付き合っていると情が生まれてしまい、キッパリと別れることが難しくなるでしょう。また、キレイに別れられたとしても、油断は禁物です。

 

一度モラハラ男と付き合った女性は、再び別のモラハラ男を引き寄せてしまう可能性があります新しいモラハラ男は、また上手に女性の心の弱さにつけ込んでくるでしょう。

 

同じ過ちを繰り返さないためにも、相手に支配されないように、自分の心をしっかりと保つことを肝に銘じておきたいものです。